借地権を地主に売却(できれば地主に借地権を買い取ってほしい)

shakuchi33.gif

高齢の借地権者の方々には、地主に恩義を感じ、できることなら借地権を第三者に売却するのではなく、地主に買い取ってほしいと考える人も少なくありません。

また、そもそも建物が老朽化していて、第三者に譲渡するのが困難なケースや再建築不可である物件などが多々あります。その場合には、地主に借地権を買い取ってもらう、もしくは底地と借地権の同時売却という手法が望まれます。

一般的に地主は先祖代々の土地という意識が強く、土地を売却することに躊躇する傾向がありますので、同時売却よりは借地権を買い取ってもらうことのほうが可能性が高いと言えます。

ただし、地主が借地権を買い取る現金を保有していないことも少なくありませんので、この手法が実現するか否かはタイミング及び価格しだいと言えます。

この手法を実行する際には借地権者が直接、地主と交渉するよりは仲介者を立てたほうがベターと思われます。
「安い地代で土地を貸しているのだから、借地人が土地を使わないのであれば、更地にして返すのが当然だ」と考える地主も少なくないからです。したがって、第三者が関与することによって感情的なしこりをほぐすことから交渉を始める必要があります。

また、借地権の更新料を支払わずに法定更新を重ねてきた場合などは、この手法を採用できたとしても、価格面で不利な条件を提示されることを覚悟すべきです。日頃から地主とは可能な限り、良好な関係を構築しておくことが求められます。

お気軽に、お問合せ・ご相談ください

首都圏の借地権の問題解決は、この道32年の専門家・国土地所にお任せください!